議論が荒れてしまった!

議論が荒れてしまった、どうしよう?
         ↓



議論があれる原因の主要なものには

  1. 言った/言わないの押し問答
  2. 論点が噛み合っていない
  3. 感情的な罵りあいになってしまっている→仕切りなおしましょう。
  4. 詭弁が弄されている→こちらを参照してください。

といったものがあります。
(当ブログの他エントリも参照してください)

上記1,2のような原因で荒れている場合は、
以下のテンプレートをお役立てください。
(※このテンプレートは開発途中です!皆様からの改良案をお待ちしています)

「[A:名前]さんは『[B:引用]』([C:書誌情報/URL])とおっしゃっているが、
これは間違っている。
 なぜなら[D:自説]([E:書誌情報/URL])だからである。
 したがって私は[F:結論]と考えるが、この点についてのあなたのお考えをお伺いしたい」


テンプレートの使用方法:
A欄……呼びかける相手の名前を入れましょう。固有名詞に限ります。
     省略不可
B欄……批判する対象となる言葉を引用しましょう。
      要約は原則として行わないで下さい。省略不可
C欄……B欄で引用した言葉の出典を書きましょう。紙媒体の場合は書誌情報、
      電子媒体の場合はURL、特に掲示板上の議論の場合は
      レス番号などを入力してください。省略不可
D欄……自説を述べましょう。省略不可
E欄……D欄で述べた説にソースがある場合は、それを入力してください。
      形式はC欄に準じます。省略可。
F欄……自説の結論を端的に述べましょう。D欄と内容的に重複する場合が
      ありますが、構いません。相手の反論の糸口になる部分です。
     省略不可

使用上の注意:
  • 必ず一つの論点につき一回用いてください。
     複数の論点を一つのテンプレート内に押し込めてはいけません。

  • 複数の論点が同一の議論において扱われている場合は、
     各論点ごとにこのテンプレートを用いてください。
     その場合、必要に応じてA-C欄を省略しても構いません。

  • 書誌情報とは「著者名」「題名」「出版者」「出版年」の各情報です。
     どれか一つでも欠けてはいけません。

  • これはどうしようもなく荒れてしまい、
     収集がつかなくなった議論のためのテンプレートです。
     そうでない議論に用いても、効果のない場合があります。

 このテンプレートを用いて行われた発言に反論する場合も、このテンプレートを用いて行われることが望ましいです。
 その場合反論する人はB欄に、反論を行う相手がD欄もしくはF欄で入力した文章を引用してください。

このテンプレートの使用例を以下に示します。
今回は多事某論「【MDシステム】 第35回「バカの壁・再」26 【国防部会】」を例にとってみましょう。
こちらではブログ主である某S氏さんに対し、ピレネー山脈さんが反論を述べるという形で議論が行われています。
この議論を、上記のテンプレートを用いて書き直してみます。

某S氏さん(記事本文『第35回「バカの壁・再」26』の主張)
「ピレネー山脈さんは『前日を日記を読んで頂く通り、日記で資料として提示したUNEPの資料も読まず、挙句の果てにこれをIAEAの資料と勘違いする程度。』(http://plaza.rakuten.co.jp/sekaito/diary/200502160000/)と述べているが、これは間違っている。
 なぜなら、私は素人改さんの翻訳をIAEAの報告書と勘違いしてた件は間違いを認めて訂正して謝罪している(http://plaza.rakuten.co.jp/sekaito/diary/200502080000/#200502130649200022)。
 したがって私は、あなたの発言には相手のミスを徹底的について話をそらそうとしている意図があると考えるが、この点についてのあなたのお考えをお伺いしたい。

 また、あなたは『君が以前、他のサイトで講釈した時のIAEAの資料はいつ出るの??(中略)結局、他人は要求しても自分は出せない。』(前出)と述べているが、これは間違っている。
 なぜなら、まずあなたは『但し、これを現段階ではIAEAも吸入の危険は認めていても、体への害は認めていません。こういったケースの場合、やはりデータに基づく、検証が最重要なのでは??』(http://plaza.rakuten.co.jp/sekaito/diary/200502080000/)と述べている。これはあなたが『IAEAやWHOの調査がデータに基づく検証ではない』と主張していることになる。
 したがって私は、あなたがIAEAやWHOの調査がデータに基づく検証ではないと言う具体的な証明を行うべきだと考えるが、この点についてのあなたのお考えをお伺いしたい。

 また、あなたは『某S氏君、明日トラックバツク(某S注・原文ママ)飛ばすなら1日1個にしろや。』(http://plaza.rakuten.co.jp/sekaito/diary/200502160000/)と述べているが、これは間違っている。
 なぜなら、私はトラックバックは両方のサイトを均質化するために、当該日記から当該日記へ本館・保管庫から1個ずつしか送っていない。そもそも「トラックバックは一日1個」などというネチケットがあるとは思えない。
 したがって私は、そのような貴方のサイトだけのローカルルールを私に押し付けるのはやめてほしいと考えるが、この点についてのあなたのお考えをお伺いしたい。」

ピレネー山脈さん(「じゃあ、黙ってIAEAの資料だせや!」)
「某S氏さんは『IAEAやWHOの調査がデータに基づく検証ではない>と言う具体的な証明をどうぞ』(上記記事)で述べているが、これは間違っている。
 なぜなら、私は一言も検証した事はないと認めた事はない。これは君の勝手な解釈である。
 したがって……」

……うーん、ちょっとピレネー山脈さんの主張は読み取りきれませんでした。
私の力不足をお許しください……。
皆様のご意見・ご助力をお待ちしています。
[PR]
by liliputian | 2005-02-17 23:34 | こんな時どうする?!
<< ひろゆき氏@「正論」 わからないお話 >>